京都市西京区の保険代理店ライフエッジでは経験豊富な保険アドバイザーが、お客様の立場にたってベストな保険をご提案いたします。相談や見積もりは無料。どうぞお気軽にご相談ください。
Get the EDGE on your LIFE

《宗教法人向け》住職の医療保険は、保険金の受取り方がポイント

宗教法人 医療給付金の受け取り方

ご住職が入院。その時、
お寺の収益を補償できますか?

はい! 医療保険なら出来ます!

お寺の運営において、もしご住職が長期入院するなどして不在になれば、寺院の収益が一時的に減少することがあります。収益が減少しても寺院にかかる固定費は基本的には変わらないので、お寺の運営が厳しくなる可能性があります。

ご住職が入院された場合に、ご住職本人に医療給付金(保険金)を受け取るのではなく、宗教法人に給付金(保険金)を受け取る仕組みがあれば、収益が減少した場合に、宗教法人の収益の補償として機能します。

おてらの保険メール問合わせ おてらの保険 電話問合わせ0120-539-849

法人契約の医療給付金(保険金)。
見舞金として
住職に支払って大丈夫ですか?

注意! 金額によっては、税務上問題に。

宗教法人を契約者とした医療保険に加入した場合、実際にお寺に支払われた入院給付金(保険金)を「見舞金」としてご住職に支払おうとすると税務上の問題が発生します。

宗教法人から代表役員に支払われる「見舞金」は、通常3万円~5万円程度と考えられています。
例えば、ご住職が病気で1ヵ月入院され、入院日額1万円の給付金(保険金)が支払われた場合、給付金の合計は30万円となります。
この見舞金30万円をそのままご住職個人に支払うとなると、「見舞金」としては高すぎると税務署から判断される可能性があります。
「見舞金」が過大だと判断されれば、代表役員への「役員賞与」とみなされてしまい、宗教法人としては給付金(保険金)が入ってくることで収支計算書では雑収入になりますが、ご住職への「見舞金」としては損金処理ができません。そして、ご住職の所得が増えて「所得税・住民税」が課税されることとなります。

しかし、

法人で加入した医療保険では、ご住職が入院によって減少したお寺の収益を補てんすると考えて…
ご住職が入院され入院給付金(保険金)を受け取ったお寺が見舞金として3万円~5万円をご住職に支払い、そして残った給付金はお寺に留保することで、収益補償として機能します。

 

さらに、

宗教法人でなくご住職個人で医療保険に加入しておけば、差額ベッド代や入院や治療のための医療費をカバーでき、支払われる給付金(保険金)は非課税で受け取ることができます。
医療費等の備えとして最低必要な金額は、ご住職の個人契約でご加入されるといいでしょう。

医療保険を個人と法人で契約するメリット

◆ご住職としての保障は個人契約で

医療費等の備えとして最低必要な金額にて加入します。法人契約で支払われる見舞金の額(3~5万円)も含め考えます。年齢や性別によって差はありますが、一般的な保険選びと大きく変わりません。

保険商品は日々進化しています。古いままの保険契約では無駄が多い場合もありますので、定期的な見直しをおすすめしています。

おすすめの記事

◆宗教法人の収益減少は法人契約で

住職が入院中、減少した寺院収入の補償を目的として検討します。例えば、入院日額1万円なら1か月の入院で30万円、そこから上記、見舞金(3~5万円)を差し引いた額で考えます。よって寺院の規模、他寺院にお手伝いをお願いした場合の謝礼の多寡で大きく変わってきます。

勇退後の法人向け医療保険の名義変更なども、寺院専門のアドバイザーがご相談に応じますのでご安心ください。

おすすめの記事

最適な保険はご寺院ごとに違います

宗教法人で医療保険への加入を検討されているご住職には、知っておいてもらいたい加入方法があります。
是非ご連絡をください。

保険内容とその給付金について、契約者本人(住職)が知っていても、ご家族で共有しておくのはなかなか難しいものです。ライフエッジでは、支給規定書類の作成をはじめ、請求時の書類作成もしっかりサポートいたします。

保険無料相談 0120-539-849

資料請求はこちらのフォームから問い合わせフォーム

日新火災のお部屋を借りる時の保険

賃貸入居時の火災保険、選んで入ればおトクです。現在の保険料・保険内容と比べてください!

最近の投稿

新規霊園のご案内

  • facebook
  • twitter

ライフエッジ公式G+

PAGETOP
Copyright © 株式会社ライフエッジ All Rights Reserved.