京都市西京区の保険代理店ライフエッジでは経験豊富な保険アドバイザーが、お客様の立場にたってベストな保険をご提案いたします。相談や見積もりは無料。どうぞお気軽にご相談ください。
Get the EDGE on your LIFE

《住職必見》無関係ではありません。早めに相続税対策を

必見です。住職の相続対策

御住職!
自分には関係ないと思っていませんか。

「相続税がかかるほどの金額の遺産なんて、自分には関係ない」と思っていませんか。
相続税法の改正(財務省HP)により平成27年1月1日から相続税の基礎控除額(非課税枠)が引き下られ、相続税の課税対象となる人が広がっています。遺産がどのくらいあると相続税がかかるのでしょうか。

  • 死亡保険金は見なし相続財産
  • 相続税の申告が必要な人って?
  • 家族構成で変わります。「遺産に係る基礎控除額」

以上を知れば、相続税の申告が必要かどうかわかります。

相続税の申告が必要な場合はご相談ください。
相続財産を生命保険で控除できる方法があります。

死亡保険金は相続税の課税対象

多くの寺院の場合、住職の相続税が課される主な財産として、「預貯金」「現金」がほとんどではないでしょうか。
そして、住職が死亡した場合、その死亡保険金額は相続税の課税対象となります。受け取った死亡保険金は、「みなし相続財産」として、遺産総額に含められます。

相続税の申告が必要な人とは
ご住職が死亡した場合、相続によって「財産を取得した人それぞれの課税価格の合計額」が「遺産に係る基礎控除額」を超える場合、その財産を取得した人は、相続税の申告をする必要があります。

課税価格の合計額とは
ご住職から相続などによって財産を所得した人ごとに、次の算式により計算した金額の合計額になります。

※1被相続人から生前に贈与を受け、その際に相続時精算課税を適用していた場合、その財産は相続税の課税対象となります。
※2被相続人から相続などによって財産を取得した方が、被相続人が亡くなる前3年以内に被相続人から贈与を受けた財産は、相続税の課税対象となります。

遺産に係る基礎控除額とは
遺産に係る基礎控除額は、次の算式により計算します。

※3 相続放棄した人も含めます。養子については、実子がいる場合は1人、いない場合は2人までを限度に、相続人に養子を含めることができます。

相続人とは… 基礎控除額を左右します。

民法では、相続人の範囲と順位について次のとおり定めています。
イ 配偶者(常に相続人になります)
ロ 配偶者とともに次の順序で相続人になります。

1.子(子がいない場合は、孫)(直系卑属)【第1順位】

2.子及び孫(直系卑属)がいない場合は、父母(父母がいない場合には、祖父母)(直系尊属)【第2順位】

3.子及び孫(直系卑属)並びに父母及び祖父母(直系尊属)もいない場合には、兄弟姉妹(兄弟姉妹がいない場合にはその子)【第3順位】

 

ご住職が万が一の時、財産を取得した寺族の方々に相続税の申告が必要な場合は、相続財産を生命保険で控除できる方法があるので、一度ご相談ください。

また税が優遇される勇退退職金制度をお考えの方はこちらの記事もおすすめします。

《宗教法人向け》勇退退職金をもらう3つのメリット

保険無料相談 0120-539-849

資料請求はこちらのフォームから問い合わせフォーム

日新火災のお部屋を借りる時の保険

賃貸入居時の火災保険、選んで入ればおトクです。現在の保険料・保険内容と比べてください!

最近の投稿

新規霊園のご案内

  • facebook
  • twitter

ライフエッジ公式G+

PAGETOP
Copyright © 株式会社ライフエッジ All Rights Reserved.