京都市西京区の保険代理店ライフエッジでは経験豊富な保険アドバイザーが、お客様の立場にたってベストな保険をご提案いたします。相談や見積もりは無料。どうぞお気軽にご相談ください。
Get the EDGE on your LIFE

相続税対策に生命保険が有効とされる3つのポイント

相続税対策に生命保険が有効とされる3つのポイント
 1.生命保険には「500万円×法定相続人」の控除がある
 2.財産をスムーズに分割することができる
 3.早期に受け取って現金化ができる

1.生命保険には「500万円×法定相続人」の控除がある

相続税の課税対象となる死亡保険金を受け取った場合、下記の金額については相続税が課税されません。

500万円×法定相続人の数=生命保険金の非課税金額
※上記非課税の適用があるのは、相続人が受け取った生命保険金等に限ります。
(相続人以外の者が受け取った場合には、非課税の適用はありません。)

例えば、妻、長男、二男、長女が法定相続人の場合、法定相続人が4名です。
500万円×4名=2000万円 が非課税の金額となります。
この2000万円を超える部分の金額が相続財産として加算されます。

  • 相続財産から生命保険料を支払うことで相続財産が減る→相続税の支払いも減る
  • 生命保険料を非課税で受け取るので、無償で財産を移転したのと同じ効果になる

2.財産をスムーズに分割することができる

相続財産が分割不能な不動産や家業を長男が引き継ぐ場合、他の相続人に分配する資産がなければ、公平さを欠き、トラブルの原因にもなりかねません。
事前に特定の相続人を受取人とする保険に加入することによって「争族」を避ける手段にもなります。

3.早期に受け取って現金化ができる

相続は発生から原則10カ月以内に現金で税金を納めなければなりません。 被保険者が亡くなった時に、遺産分割協議を経ることなく、受取人が手続きを行うだけで、死亡保険金を受け取ることができます。
これにより、被相続人が亡くなったときに発生する相続税を支払うための現金にあてることができます。

後悔しない保険選びを保険のプロが提案いたします

生涯で培った大切な資産を、無駄なく適切に継承するのは難しいことです。
生命保険を活用し、ご遺族の安心を得ることは、もしかすると人生最後の贈り物になるかもしれません。

株式会社ライフエッジは、お客様が保険をご検討される際に参考となるべき商品だけでなく、その他の有益な情報もご提供致します。
皆様の未来に豊かさと安心をお届けできるよう、お手伝いさせていただきます。
お気軽にご相談ください。賢い相続〜ご相談の流れ〜


保険無料相談 0120-539-849

資料請求はこちらのフォームから問い合わせフォーム

日新火災のお部屋を借りる時の保険

賃貸入居時の火災保険、選んで入ればおトクです。現在の保険料・保険内容と比べてください!

最近の投稿

新規霊園のご案内

  • facebook
  • twitter

ライフエッジ公式G+

PAGETOP
Copyright © 株式会社ライフエッジ All Rights Reserved.