京都市西京区の保険代理店ライフエッジでは経験豊富な保険アドバイザーが、お客様の立場にたってベストな保険をご提案いたします。相談や見積もりは無料。どうぞお気軽にご相談ください。
Get the EDGE on your LIFE

医療保険を見直すときの4つのアドバイス

blogtitle01

今あなたが加入している医療保険は、どんな保障内容か把握されていますか?
医療保険は、各保険会社から様々な商品が販売されています。
5年前、10年前に加入した医療保険は、現在でも最適な医療保険でしょうか?
先進医療と聞くけど、加入している医療保険は先進医療に対応しているのか?
そこで、医療保険を見直すときには注意が必要です。

加入中の医療保険よりも見直した医療保険の方が安心できる保障内容になっている。

以前の医療保険は、「5日以上入院すると1日目から保障」など一定期間の入院が入院給付金の支払い対象でしたが、最近では「日帰り入院から保障」が主流です。また、先進医療の保障が付いているのかもポイントの1つです。

新しく医療保険に加入する場合、加入できる健康状態なのか?

医療保険に加入するときには、健康状態を告知する必要があります。
告知された内容を保険会社が判断をして、加入の有無を判定します。
最近では、入院歴や健康診断で指摘を受けている場合でも、医療保険の引き受けをする緩和型の商品も販売されています。

医療保険の保険料は?

医療保険の保険料は、年齢が上がれば保険料も上がります。
30代で加入した医療保険の保険料も40代で加入すると、月々支払う保険料は上がる可能性が大きいです。
安心できる保障内容で契約をしても、継続することができる保険料であるか検討することも大事です。

解約時の注意点

解約時に注意しなければならいのが、新たな加入する医療保険がいつから効力が発生するのかを確認しなければなりません。
もし、解約した医療保険と新しく加入した医療保険の効力に空白の時間があれば、無保険の状態になっています。そして、万が一その空白の時間に病気やケガで入院された場合に入院給付金が支払われない状況になりかねます。その後、新たに医療保険が加入できない可能性もあります。
これらの点は、特に慎重にしなければなりません。
また、解約する医療保険に過去に請求漏れが無いか確認することも必要です。

病気やケガによる出費に対して不安を持つ人は少なくありません。
CMや広告をみると医療保険が各保険会社から、色々と販売されています。
昔に加入した医療保険は大丈夫なのか?見直すにはどの医療保険がいいの?
と新しく販売されている医療保険の商品が気になります。
保障内容はもちろん重要ですが、不安を解消するためにも、見直すときには以上の点をしっかりと確認してください。


保険無料相談 0120-539-849

資料請求はこちらのフォームから問い合わせフォーム

日新火災のお部屋を借りる時の保険

賃貸入居時の火災保険、選んで入ればおトクです。現在の保険料・保険内容と比べてください!

最近の投稿

新規霊園のご案内

  • facebook
  • twitter

ライフエッジ公式G+

PAGETOP
Copyright © 株式会社ライフエッジ All Rights Reserved.