京都市西京区の保険代理店ライフエッジでは経験豊富な保険アドバイザーが、お客様の立場にたってベストな保険をご提案いたします。相談や見積もりは無料。どうぞお気軽にご相談ください。
お知らせ

保障の考え方

補償の考え方

自分に必要な保障って何?

一人ひとりちがうの?
わたしにあった保障の考え方

社会人になった。結婚した。子どもが生まれた…。人生にはさまざまなイベントが待ち受けています。
どんなイベントがあるのかは「人それぞれ」。だとしたら、一人ひとりに必要な保障も「人 それぞれ」だと思いませんか?

どんな保障が必要なのか、どんなときに備えればいいのか、考えてみましょう。

関連記事 お母さんが入院したら…【お知らせ】

関連記事 がんの治療費【お知らせ】

関連記事 相続税対策に生命保険を【おすすめ記事】

参考資料 保障の考え方【オリックス生命保険】PDF

自分にあった保障を考えるための確認ポイント※【 】にカーソルをあわせてください

確認すべきポイントはたったの3つ。
 なんのため 】【 いくら? 】【 いつまで 

病気やケガの入院・手術に備える… 医療保障 
ちなみに入院時の自己負担費用の平均【 21000円 】*1
…雑費や差額ベット代の額で大きく変わる!
入院日数の平均は【 31.9日 】*2
…日帰り手術も増え、短期化しています。

がんの治療費を準備したいなら… がん保障 
がんでの入院治療費の平均日額は7割が【 10000円 】*1
…通院での治療が増えています。
がんの5年相対生存率は【 68.8% 】*3
…長期の備えが大事

万が一のとき、残された家族に資金を… 死亡保障 
住宅ローンなど借入金の返済をはじめ葬儀・お墓など死後の整理資金。子供の教育費や結婚資金、家賃など生活に必要な費用。相続税をはじめとした納税資金。家族がいる方だけでなく事業者の方も、死後に必要となる資金を事前に把握し準備しておきたいところです。

*1)【出典】(公財)生命保険文化センター「平成25年度 生活保障に関する調査」
http://www.jili.or.jp/research/report/chousa10th.html

*2)【出典】厚生労働省「平成26年 患者調査」 退院患者の在院日数等
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/14/dl/03.pdf

*3)【出典】全国がん(成人病)センター協議会加盟施設における5年生存率(2004~2007年診断例)
http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/backnumber/2015_jp.html

生命保険資料請求人生にはお金にまつわる不安がいっぱい。 でも、もしものときへの備えをしておけば、不安は安心に変えられます。 「何のため、いくら、いつまで自分に保障が必要なのか」を決めることが備えの第一歩です 。

 

怪我や病で入院した時に備えて、不安を安心に変えましょう。

保障を考えるための3つのポイントをおさらい。

確認のポイント:1
何のための保障が必要なのか?
日常生活で、健康な方であっても病気やケガで入院するリスクはゼロではありません。
また女性や高齢者に特有の病気もあり、人それぞれの保障が必要になります。
また2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死亡する時代です。
家族がまだ幼く、生活費や教育費の蓄えに不安がある場合もあるでしょう。

病気やケガ、女性特有の病気に備えたい…医療保障
がんの治療に備えるなら…がん保障
のこされた家族のため資金の残すなら…死亡保障

確認のポイント:2
いくらの保障が必要なのか?
ケガや病気になったときに心配になるのが、身体的なことや金銭的なことです。
入院中でもマンションの家賃やローン、生活費、社会保険料など普段の生活と変わらない支出があります。

働けなくなったときに必要な費用を把握しておきましょう。
また様々な統計から、治療費の傾向や実際に必要となる額を知っておくことも、保険金額を選ぶ上で役立ちます。

確認のポイント:3
いつまで続く保障が必要なのか?
働き方やライフスタイルに応じた保険を設計していくことが何よりも大切です。
定年までは医療や死亡保障に重点をおいたり、子供が成人するまで死亡保障を手厚くするなど、家族や保険担当者とライフプランを相談しながら設計することで無駄の少ない保険を検討しましょう。

そのためには現在の保険の見直しがとても大切です。

今回は保険選びに大切な「保障の考え方」についてご案内しました。

時代とともに保険は変化しています。
ご契約の保険について見直したり、相談したいとお考えの際は、是非ライフエッジまでご依頼ください。

保険無料相談 0120-539-849

資料請求はこちらのフォームから(SSL)問い合わせフォーム(SSL)

東京海上のeサイクル保険をおすすめします。

オンライン申し込み可能な自転車保険。東京海上のeサイクル保険で、日常の安心をプラス。

京都市では自転車保険が義務化されます。
事故にあっても、事故を起こしても安心な補償を早めに備えておきましょう。
PAGETOP
Copyright © 株式会社ライフエッジ All Rights Reserved.